FC2ブログ
Ferretアクセス解析

逆レイプ M男 に お仕置 エッチな小説

【逆レイプ M男にお仕置 エッチな小説】は、エッチな女王様達が1人のM男を集団で逆レイプする小説です。エッチな女王様の「おまんこ」が「おちんちん」を逆レイプ!M男のアナルが女王様達に次々とお仕置!
無料会員登録でサンプル動画見放題!   会員登録は >> こちら <<
★メールアドレス(フリーメールOK!)・ハンドルネームだけの記入で簡単登録♪


◆無料エッチ動画保管庫
エッチな読み物 エッチ動画02 エッチ動画03 エッチ動画04 エッチ動画05

逆レイプ M男 に お仕置 エッチな小説 TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メールアドレス(フリーメールOK!)・ハンドルネームだけの記入で
サンプル動画見放題!
★個人情報記入不要! ★まずはお試し下さい♪
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彼女や会社の同僚たちからの逆レイプ (47) ~逆レイプ小説~

(47)  彼女や会社の同僚たちからの逆レイプ (46) のつづき

(尚子) 『はぁ、はぁ、はぁ・・・敦子さん・・・明美さん、昌哉のおちんちん入れちゃった・・・すごいやらしい・・・昌哉のおちんちん・・・明美さんの おまんこで犯してる・・・私・・・また興奮してきちゃった・・・敦子さん・・・。』

ピチャピチャ、クチャクチャ、ペチャペチャ・・・
クチュクチュ、クチャクチャ、クチュクチュ・・・

尚子は、僕の顔を跨いだまま、両膝をつき膝立ちの状態となり、僕の頭をおまんこに乗せて座っている敦子を抱きかかえ、敦子にキスをしながら、敦子のおまんこに指を入れて、ゆっくりとかき回しだした。

(敦子) 『あっ、あんっ、あんっ、気持ちいいわぁ・・・尚子ぉ・・・私もしてあげるぅ・・・私も明美さんが昌哉のおちんちん入れてる姿見てたら興奮してきちゃったぁ・・・明美さん・・・すごいやらしい・・・。』

僕の顔の上で、敦子と尚子の2人のS女達が2人とも膝立ちの状態でピチャピチャとやらしい音を立てて、ディープキスをしながら、お互いの おまんこ を指で愛撫しあいだした。

ピチャピチャ、チュパチュパ、ネチャネチャ、ペチャペチャ・・・

(香奈子) 『はぁはぁはぁ・・・明美さんすごいエッチぃ・・・私もおまんこまたうずいてきっちゃったぁ・・・昌哉、私のおまんこ触ってぇ・・・私のおまんこ気持ちよくしてぇ・・・。』

(由佳) 『私も・・・すごい興奮してきたぁ・・・昌哉ぁ、私のおまんこも触って・・・私のおまんこも気持ちよくして・・・。』

由佳と香奈子の2人のS女達は、僕の乳首責めを再開し、乳首を舐めまわしながら、僕の手を自分の おまんこ に持っていき、僕に 手まん をさせた。

僕は、ペニスを明美の おまんこで犯されて、僕の心は全て快楽の虜になり、半ば放心状態で由佳と香奈子の 2人のS女達 に言われるがまま、2人の おまんこ に指を入れて、2人のS女達のおまんこ をクチュクチュとやらしい音を立てながらかき回した。

クチャクチャ、クチャクチャ、ピチャピチャ、ペチャペチャ・・・

(悦子) 『あんっ、あんっ、明美さんやらしい・・・すごいエッチぃ・・・昌哉のおちんちん入れてるぅ・・・昌哉の おちんちん犯してるぅ・・・あんっ、あんっ、私のおまんこの奴隷 の昌哉が明美さんの おまんこに犯されてるぅ・・・すごいやらしい・・・あんっ、あんっ、あんっ・・・。』

悦子は、僕のペニスが明美の おまんこに犯されてる 姿に異常に興奮してきているようで、自分のおまんことクリトリスををいじる手が激しくなってきたのだろうか、悦子の おまんこ から出てくる音が大きくなってきていた。

グッチャ、グッチャ、グッチュ、グッチュ・・・

(明美) 『あんっ、ああんっ・・・生のおちんちんが私のおまんこに入ってるぅ・・・昌哉の生のおちんちん・・・すごい・・・生のおちんちん すごい気持ちいい・・・昌哉の おちんちん すごい気持ちいい・・・ああんっ・・・ああんっ・・・久しぶりの生のおちんちん・・・気持ちよすぎるぅ・・・。』

(昌哉) 『あっ、あああっ・・・明美お姉様のおまんこ・・・すごいです・・・すごい気持ちいい・・・ああっ・・・んっ・・・あああっ・・・明美お姉様ぁ・・・。』

明美は、うんこ座りのような格好で、僕のペニスを根元まで全て飲み込み、もっと奥深くまで入れようと押しつけながら腰をゆっくりグルグルと回していた。

それは、まるで膣内全体で僕のペニス全体を舐めまわし、明美のおまんこが僕のペニスをじっくり味わっているかのような感じだった。

明美のその格好と腰使いは、とても色っぽくてセクシーで、AV女優、いやそれ以上のやらしさをかもしだしていて、僕は明美にもっと犯されたいと思うようになっていた。

グッチャ、グッチャ、グッチュ、グッチュ・・・

(明美) 『ああんっ・・・昌哉ぁ・・・おちんちん気持ちいいのぉ?明美お姉様のおまんこ そんなに気持ちいいのぉ?ああんっ・・・あんっ・・・昌哉ぁ・・・気持ちいいなら、もっと女の子みたいなあえぎ声出しなさい・・・もっと「あんっあんっ」鳴きなさい・・・昌哉は私達の前では、今日から女の子になるのよぉ・・・わかったぁ?あんっ、ああんっ・・・。』

(昌哉) 『あっ、ああっ・・・あんっ、あんっ・・・すいません・・・明美お姉様ぁ・・・。おちんちん気持ちいいです・・・明美お姉様のおまんこ気持ちいい・・・明美お姉様のおまんこ すごい気持ちいいです・・・ああんっ、ああんっ・・・。』

(明美) 『あんっ、あはぁん・・・じゃあ、「僕、今日から女の子になります。」「僕は、お姉様達の前では女の子になります。」って誓いなさい・・・あはぁん・・・。』

(昌哉) 『ああんっ・・・はい・・・明美お姉様・・・僕・・・今日から女の子になります・・・あっ、あんっ、あんっ・・・僕はお姉様達の前では・・・今日から女の子になります・・・あああんっ・・・。』

(明美) 『ああんっ・・・じゃあ、もっと声だしてぇ・・・もっと鳴いてぇ・・・「明美お姉様のおまんこ気持ちいい・・・僕のおちんちんもっと犯してぇ・・・。」って、もっと言ってぇ・・・もっと叫んでぇ・・・あんっ、あんっ・・・。』

グチャグチャ、グチャグチャ、グチュグチュ、グチュグチュ・・・

明美がうんこ座りの格好で、両手を自分の足のそばにつき腰の回転のスピードを上げてきた。

その格好はものすごくエッチで、腰を回転させる動きもすごくやらしくて、僕は見てるだけでイッてしまいそうなぐらいだった。

(昌哉) 『あんっ、あんっ、あんっ、明美お姉様、明美お姉様!おちんちん気持ちいい・・・明美お姉様のおまんこ気持ちいい・・・だめ、だめ、明美お姉様ぁ・・・明美お姉様の格好やらしすぎるぅ・・・だめ、だめ、おちんちんだめっ・・・気持ちよすぎるぅ・・・明美お姉様ぁ・・・。』

僕は、ペニス全体を舐め回すように愛撫してくる明美のおまんこの気持ちよさにまたしてもペニスが耐え切れず、精子を発射しそうになっていた。

(明美) 『ああんっ、ああんっ・・・昌哉、おちんちん気持ちいい?明美お姉様のおまんこ気持ちいい?明美お姉様のおまんこ大好き?明美お姉様のおまんこ愛してるぅ?あんっ、ああんっ、ああんっ・・・。』

(昌哉) 『あんっ、あんっ・・・明美お姉様、おちんちん気持ちいい!明美お姉様のおまんこ気持ちいい!ああんっ、ああんっ・・・明美お姉様の・・・おまんこ・・・おまんこ大好きぃ!明美お姉様のおまんこ愛してるぅ!ああんっ、ああんっ、だめっ、だめっ!イッちゃうっ、イッちゃうっ、明美お姉様ぁーーーーっっっ!!!』

僕のペニスは限界を超え、またしても精子がペニスの根元まで送り込まれてる感覚があったが、無情にもそこから先に精子は進むことはできず、空砲を撃つようにむなしくペニスがドクドクと脈打っていた。

(明美) 『あんっ、あんっ、あんっ・・・もっとよ!もっと感じて!おちんちんもっと感じてぇ!おちんちんもっと気持ちよくして、昌哉をもっと淫乱にさせてあげるわぁ・・・ああんっ、ああんっ・・・。』

グチャッグチャッ、グチュッグチュッ、グチャッグチャッ・・・

明美は僕がイキそうになっているのを知り、さらに腰を激しくグラインドさせ、僕のペニスにさらに快感を加え、ペニスを寸止めの快感地獄にして、僕をどんどんと淫乱にし、明美というS女の奴隷に調教しようとしていた。

(昌哉) 『あああっ、あああんっ、あああんっ・・・明美お姉様っ、明美お姉様っ、おちんちん、おちんちんだめっ、おちんちん気持ちいい!明美お姉様ぁー!あああっ、あああんっ・・・。』

僕はここでイケてたら、もう満足して落ち着くことができたのだろうが、イク寸前でペニスの根元で精子をせき止められ、なおペニスを明美というS女に激しく おまんこで逆レイプされることで、イケないまま、ペニスにものすごい快感だけを味あわせれ、本当に我を忘れ、ペニスへの快感と由佳と香奈子の2人のS女達の乳首責めで乳首を襲う快感に、ただただ絶頂の叫び声を上げるだけであった。

ピチャピチャ、ぺチャぺチャ、チュパチュパ・・・
クチャクチャ、クチュクチュ、クチャクチャ・・・

(尚子) 『あっ、あんっ、はぁはぁはぁ・・・昌哉・・・昌哉、すごいやらしい声で鳴いてるぅ・・・昌哉、明美さんに犯されてすごい悶えてるぅ・・・すごいエッチぃ・・・あんっ、あんっ・・・敦子さん・・・おまんこ気持ちいい・・・敦子さん・・・私・・・またイッちゃいそう・・・ああんっ・・・。』

(敦子) 『はぁ、はぁ、はぁ、私もよぉ・・・尚子ぉ・・・私もおまんこ・・・おまんこ気持ちいい・・・尚子の手・・・すごい気持ちいいわぁ・・・私もおまんこイッちゃいそう・・・ああんっ、ああんっ・・・。』

僕の顔の上で、おまんこを僕に見せ、激しくディープキスしながら、お互いのおまんこを 手まん し合っている尚子と敦子も、明美に逆レイプされて、悶え、叫んでいる僕に興奮してきたようで、2人の 手まん がさらに激しくなってきて、僕の顔に敦子と尚子の臭いおまんこ汁がポタポタと垂れてきていた。

ピチャピチャ、チュパチュパ、ネチャネチャ・・・
クチュクチュ、クチュクチュ、クチャクチャ・・・

(香奈子) 『んっ、んっ、あっ、あっ、昌哉、すごいエッチぃ・・・明美さんもすごいエッチぃ・・・私・・・耐えられない・・・昌哉ぁ・・・もっと おまんこいじってぇ・・・もっと おまんこグチャグチャにかき回してぇ・・・あっ、あんっ、あんっ・・・。』

(由佳) 『はぁ、はぁ、はぁ・・・私もおまんこ気持ちいい・・・昌哉の悶えてる姿・・・すごいやらしいわぁ・・・昌哉、私のクリちゃんももっと気持ちよくしてぇ・・・。もっと・・・もっと私のおまんこ感じさせてぇ・・・。』

グチュグチャ、グチュグチャ、グチュグチュ、グチャグチャ・・・

(昌哉) 『ああっ、あああんっ、あんっ、あんっ、あんっ、明美お姉様っ、明美お姉様っ、あんっ、あんっ、ああっ、あああんっ・・・。』

僕はもう何も考えることができず、ペニスを明美のおまんこに犯され続け、心も体も頭の中も全て快楽の虜、いや明美のおまんこの虜となっており、ペニスを襲う快感に、淫乱な女の子のようにあえぎ声を上げながら、由佳と香奈子の2人のS女達に言われるがまま、自分の意思に関係なく、ロボットのように由佳と香奈子のクリトリスを激しく擦ったり、おまんこの中を激しくかき回していた。

グチャッグチャッ、グチュッグチュッ、グチャッグチャッ・・・

(明美) 『あんっ、あんっ、あんっ、いいわぁ・・・昌哉ぁ・・・そのあえぎ声・・・もっと、もっと鳴いてぇ・・・もっと叫んでぇ・・・あんっ、あんっ、おまんこすごい・・・おまんこ気持ちいい・・・私もイッちゃいそう・・・あんっ、ああんっ、ああんっ・・・昌哉、大好きよぉ・・・昌哉愛してるぅ・・・あんっ、あんっ・・・昌哉は?私のこと好きぃ?私のこと愛してるぅ?ああんっ、ああんっ・・・。』

明美は、久しぶりに生のペニスを挿入したことで、興奮と快感が増してきたのか、明美の腰をグラインドさせる動きが早く、大きく弧を描きだし、ものすごいやらしい腰使いと共に、おまんこ から出る音がさらに大きくやらしい音になってきていた。

僕はただでさえ、ものすごい綺麗な顔の明美が、快感で悶えてる表情がたまらなく美しく、やらしく見え、さらにスレンダーですごいセクシーな体で、僕のペニスを犯してる明美のすごいやらしい腰使いにも、ものすごいエロスを感じ、もう完璧に明美の虜となり、悦子を含めた他の5人のS女達のことは見えなくなっていた。



(次回に続く)


よかったらクリックしてね♪




拘束されて女○によってたかってイジられたい
美少女達によってたかって僕の体をいじいじされ、ちんちんをもてあそばれる逆猥褻が繰り広げられ・・・
M的願望症候群 真性アナル責め依存1
総勢22名のコスプレ美女達によるアナルいじめ!。「思いっきりアナルを開いてお尻を突き出してごらん!」・・・

関連記事
スポンサーサイト
【秋葉原にオープン!!】過激なエステ / 秋葉原ボディクリニック A.B.C
素人美女のおっぱいヌルヌル過激マッサージで身も心も昇天↑↑↑
【60代でもギンギン!】
ペニス増大成分はマカの3倍、国内生産で安心のサプリ
FC2動画 - http://video.fc2.com/
いつでも、どこでも、好きなだけ。お好みのエロ動画で。
メールアドレス(フリーメールOK!)・ハンドルネームだけの記入で
サンプル動画見放題!
★個人情報記入不要! ★まずはお試し下さい♪

彼女や会社の同僚たちからの逆レイプ (46) ~逆レイプ小説~

(46)  彼女や会社の同僚たちからの逆レイプ (45) のつづき

(明美) 『あんっ、あんっ、もっとよ・・・もっと言いなさいい・・・もっと求めてぇ・・・明美お姉様のおまんこほしいんでしょう・・・おちんちん、明美お姉様のおまんこで犯してほしいんでしょう・・・なら、もっと・・・もっとお姉様の体を求めなさい・・・「明美お姉様の体がほしいです。」「僕の淫乱おちんちん、明美お姉様のおまんこでメチャクチャに犯してください。」って、言いなさい・・・あはぁんっ、あはぁん・・・。』

クチャクチャ、クチュクチュ、クチャクチャ、クチュクチュ・・・

明美がさらに激しく僕のペニスをしごき、手に持ったペニスを早く動かし、自分のクリトリスを強烈に愛撫し、おっぱいを激しく揉みだした。

明美の淫乱な姿がさらに淫乱さを増し、僕の明美に犯されたい欲求を刺激した。

(昌哉) 『ああんっ、ああんっ、明美お姉様、明美お姉様の体がほしいですぅ・・・僕の・・・僕の淫乱おちんちん・・・明美お姉様のおまんこで犯して・・・明美お姉様のおまんこでメチャクチャに犯してください・・・明美お姉様ぁ・・・も、もうだめ・・・あっ、あんっ、あんっ、おちんちん気持ちいい・・・おちんちん気持ちいい・・・あああんっ、あああんっ・・・。』

(明美) 『あんっ、あんっ・・・昌哉ぁ・・・イキたいんでしょう・・・。イキたいなら、「僕、イキたいですぅ!」って言うのよぉ・・・。「明美お姉様、おちんちん気持ちいい、おちんちんイッちゃう!おちんちんイッちゃう!」って叫びなさい・・・。淫乱な女の子みたいに叫ぶのよぉ・・・。おちんちん犯してほしいんでしょう?明美お姉様のおまんこで犯してほしいんでしょう?言わないと、犯してあげないわよぉ・・・。』

(昌哉) 『あっ、あっ、明美お姉様、明美お姉様、僕、イキたいです!あっ、あんっ、だめ、だめ、明美お姉様、おちんちん気持ちいい!おちんちんイッちゃう!おちんちんイッちゃう!あっ、あっ、あっ・・・。』

僕は、由佳と香奈子の2人のS女達の乳首責めに、イキたくてもイケない苦しさとペニスの先に感じる明美のクリトリスのものすごい快感に気が狂い始め、今までにないぐらい悶えて、もう自分でも何がなんだかわからないまま、さらなる快感だけを求めて、明美に言われるがままに叫んでいた。

(明美) 『あんっ、ああんっ・・・もっと鳴いてぇ・・・もっと叫んでぇ・・・。「おちんちん犯してぇ!明美お姉様のおまんこで犯してぇ!』って叫んでぇ・・・ああんっ・・・。』

クチャクチャ、クチュクチュ、クチャクチャ、クチュクチュ・・・

(昌哉) 『あっ、あっ、あっ、ああんっ!明美お姉様ぁ・・・おちんちん気持ちいい!おちんちん気持ちいい!僕のおちんちん犯して!明美お姉様のおまんこで犯してぇ!明美お姉様ぁ!あんっ、あんっ、あんっ・・・。』

グチャッグチャッ、グチュッグチュッ、グチャッグチャッ・・・

(悦子) 『あんっ、あんっ、あんっ、だめ、だめっ、昌哉、やらしい・・・昌哉、昌哉!もっと感じて、もっと悶えてぇ!もうだめっ、私もイッちゃう!おまんこイッちゃう!あんっ!あんっ!あんっ!イク、イク、おまんこイッちゃう!おまんこイッちゃう!おまんこイッちゃうーーーーーっっっ!!!』

悦子は僕の激しく悶え叫んでいる姿に興奮し、自分のおまんこを激しくかき回し、クリトリスを激しく擦りながら絶頂に達した。

(尚子) 『あっ、あんっ、あんっ、ああんっ、敦子さん、敦子さん!私、イッちゃう、おまんこイッちゃう!あっ、あっ、あっ、あっ・・・。』

グチュグチュッ!グチャグチャッ!グチャグチャッ!
ピチャピチャ、ペチャペチャ、チュパチュパ・・・

(敦子) 『はぁ、はぁ、イッて、尚子イッて、おまんこイッてぇ!』

敦子は片手で尚子のおっぱいを揉み、乳首を吸ったり舐めたりしながら、尚子のおまんこを激しくかき回し、尚子を絶頂へと導こうとしていた。

僕の目の前では、尚子のおまんこが敦子に指で激しく犯されていて、尚子のおまんこの中を激しく敦子の指が動き回る光景がものすごくやらしく、さらに尚子のおまんこからはものすごい大量の白っぽいおまんこ汁が、とめどなく溢れ出て、僕の顔にポタポタと落ちてきて、僕の鼻は尚子の臭いおまんこの匂いだけを吸い込んでいた。

僕の乳首は、由佳と香奈子の2人のS女達が、自分のおまんこをいじりオナニーをしてあえぎながら、僕の乳首を激しく責め立てていた。

そして、僕のペニスは、明美の手とクリトリスで犯され、僕はもう完璧に明美の虜となり、ただただ、明美というS女に犯される快楽だけを求めるようになり、明美のおまんこの奴隷と化していたのであった。

チュパチュパ、ネチャネチャ、ピチャピチャ、チュパチュパ・・・
ピチャピチャ、クチャクチャ、ペチャペチャ、クチュクチュ・・・

(香奈子) 『あっ、あっ、あっ、おまんこ気持ちいい・・・おまんこすごい・・・私のおまんこすごいクチュクチュ言ってるぅ・・・あっ、あんっ、あんっ、おまんこ、私のおまんこ、おまんこ汁すごい・・・あっ、あっ、あっ・・・。』

(由佳) 『はぁ、はぁ、はぁ・・・私のおまんこもやらしい・・・おまんこすごいビチョビチョですごいやらしい・・・あんっ、ああんっ、おまんこやらしい・・・私のおまんこすごいエッチぃ・・・あっ、あっ、おまんこ気持ちいい・・・おまんこ気持ちいい・・・あんっ、あんっ・・・。』

由佳と香奈子の2人のS女達も自分の指で激しくおまんこをピストンさせたり、かき回したりして、かなり快感が高まってきたようで、僕の乳首を舐めたり、吸ったりする力が強くなってきていた。

グチュグチュッ!グチャグチャッ!グチャグチャッ!
ピチャピチャ、ペチャペチャ、チュパチュパ・・・

(尚子) 『あっ、あっ、あっ、敦子さん、だめ、だめ、おまんこだめ!イッちゃう、イッちゃう!おまんこイッちゃう!あっ、あっ、あっ、だめ、だめ、おまんこ、おまんこ、あっ、あっ、あああっ、あああっ、イク、イク、おまんこイク、イク、イッちゃうーーーーーっっっ!!!』

悦子に続いて、尚子も敦子の激しい 手まん と 乳首責めで、敦子に抱きつきながら絶頂をむかえた。

グチャッグチャッ、グチュッグチュッ、グチャッグチャッ、グチュッグチュッ・・・

由佳と香奈子の2人のS女達は、尚子の絶頂の叫び声にさらに興奮が高まってきたらしく、自分のおまんこを激しく愛撫しだし、由佳と香奈子のおまんこをいじる音が激しくなり、さらにやらしい音を出すようになってきた。

(香奈子) 『あっ、あんっ、あんっ、もうだめ、イク・・・おまんこイク、あっ、あっ、あっ、イク、イッちゃう、イッちゃう!おまんこイッちゃう!あっ、あっ、あっ、あああっ!あああっ!あああああーーーーーっっっ!!!』

(由佳) 『あんっ、ああんっ、ああんっ、私も!私もイッちゃう、おまんこイッちゃう!あっ、あっ、あああっ、イク、イク、おまんこイッちゃう、おまんこイッちゃう!イッちゃう!イッちゃう!イッちゃうーーーーーっっっ!!!』

由佳と香奈子の2人のS女達も自分で激しくおまんこをかき回し、絶頂をむかえた。

クチャクチャ、クチュクチュ、クチャクチャ、クチュクチュ・・・

(昌哉) 『あああっ、あああっ、明美お姉様、明美お姉様、僕ももうだめ!もうだめ!イッちゃう!イッちゃう!あっ、あっ、あっ、あああっ、あああーーーっ、あああーーーっ・・・。』

僕も、由佳達が絶頂した声や激しく悶えてる姿に更なる興奮をし、またイキかけたが、またしてもペニスの根元で精子はせき止められた。僕のペニスは熱くなりドクドクと脈打っている感覚だけがあった。

それでも明美は、僕のことなんかお構いなしに、僕の亀頭の先で自分のクリトリスやおまんこ全体を、まるでクンニしているかのように擦りつけていた。

ピチャピチャ、クチュクチュ、ペチャペチャ、クチャクチャ・・・

(明美) 『あんっ、あんっ、いいわぁ・・・昌哉ぁ・・・その声、もっと鳴いてぇ・・・もっと叫んでぇ・・・昌哉のことますます犯したくなってきたわぁ・・・あんっ、ああんっ・・・ほらぁ、わかるぅ?明美お姉様のおまんこで昌哉の変態おちんちん撫で撫でしてあげてるんだよぉ・・・昌哉の変態おちんちんで、明美お姉様のおまんこ触らせてあげてるんだよぉ・・・。うれしいでしょう・・・。』

(昌哉) 『あああっ、あああっ・・・明美お姉様ぁ、僕の変態おちんちんが、明美お姉様のおまんこに当たってるぅ・・・あっ、あっ、あんっ、明美お姉様のおまんこが・・・僕の変態おちんちん撫で撫でしてくれてるぅ・・・明美お姉様ぁ、うれしいですぅ・・・明美お姉様のおまんこうれしい・・・明美お姉様ぁ、僕のおちんちん犯してぇ!明美お姉様のおまんこで犯してぇ!』

僕はもう限界を超え、完全に理性を失っていたが、自分ではそれすらもわからないほど淫乱になっていた。

クチュクチュ、ペチャペチャ、クチュクチュ、ピチャピチャ・・・

(明美) 『あっ、あはぁん・・・昌哉ぁ・・・私のこと好きぃ?明美お姉様のこと大好きぃ?あんっ、あんっ、変態おちんちん犯してほしかったら、「明美お姉様愛してます。」って言いなさい・・・私のおまんこの奴隷になるって・・・一生明美お姉様のおまんこの奴隷になるって誓いなさい・・・あんっ、ああんっ・・・。』

(昌哉) 『あっ、あっ、あっ、明美お姉様、僕・・・明美お姉様が大好き・・・明美お姉様が大好きです・・・明美お姉様愛してますぅ・・・あああっ、あああっ・・・僕、明美お姉様のおまんこの奴隷になります・・・一生・・・一生、明美お姉様のおまんこの奴隷になりますーーーっ!だから・・・だから、僕の変態おちんちん、明美お姉様のおまんこで犯して・・・明美お姉様・・・もうガマンできない・・・早く・・・早く、明美お姉様のおまんこで犯してくださいーーー!あああっ・・・。』

僕は理性を失い、ただただ明美をもとめ、早く明美に犯してもらいたくて、必死に叫びまくった。

(明美) 『あんっ、あんっ、あんっ・・・いいわ・・・犯してあげるぅ・・・昌哉の変態おちんちん・・・明美お姉様のおまんこに入れさせてあげる・・・おちんちん犯しまくってあげるわぁ・・・おちんちんいっぱい感じなさい・・・明美お姉様のおまんこでいっぱい感じなさい・・・あっ、あんっ・・・。』

ヌチュゥ・・・

あの憧れの超美人の明美のおまんこに僕のペニスがゆっくり飲み込まれていった。

(明美) 『あああん・・・入ったぁ・・・昌哉の生のおちんちん・・・私のおまんこに入れちゃったぁ・・・。』

(昌哉) 『あああああ・・・。』

僕のペニスと明美のおまんこは、僕のガマン汁と明美の大量のおまんこ汁でヌルヌルになっていたため、簡単に明美のおまんこに飲み込まれた。

明美のおまんこにペニスが飲み込まれる時のペニスに伝わるヌルッとした生暖かい感触は、今までしたSEXでは感じたことのない、僕の人生で一番気持ちいい挿入だと思えるほど快感だった。

そして、僕のペニスをおまんこでゆっくり飲み込んでいくときの明美は、少し上を見ながら片手で僕のペニスを持ち、ゆっくり腰を落としていったのだが、そのときの明美の顔の表情がとても色っぽく、またすごいやらしい顔つきで、僕は明美にさらに惚れていった。

(明美) 『昌哉ぁ、うれしい?明美お姉様のおまんこに昌哉の変態おちんちんが入ってるわよぉ・・・。』

(昌哉) 『あああっ・・・明美お姉様ぁ・・・明美お姉様のおまんこに・・・僕のおちんちんが入ってる・・・。明美お姉様・・・僕、うれしいです・・・明美お姉様のおまんこに僕のおちんちん入れさせてもらえて・・・すごいうれしいです・・・明美お姉様ぁ・・・。』

(悦子) 『ああんっ・・・明美さんのおまんこに昌哉のおちんちんが入ってるぅ・・・すごいエッチぃ・・・あんっ、ああんっ・・・。』

クチュクチュ、クチャクチャ、クチュクチュ・・・

悦子は、僕のペニスが明美のおまんこに飲み込まれてる姿を見てまた興奮し、自分のおまんことクリトリスをまたいじりだした。

(明美) 『昌哉ぁ・・・今から昌哉の変態おちんちん・・・明美お姉様のおまんこでたっぷり犯しまくってあげるわぁ・・・いっぱい感じさせてあげるぅ・・・あんっ・・・。』

グチャグチャ、ズチュズチュ、グチュグチュ、グチャグチャ・・・

(昌哉) 『あっ、あっ、あっ、あああっ・・・。』

明美がゆっくり腰を前後に動かしだし、僕のペニスは今までに感じたことのないものすごい快感に襲われた。

そして僕は、今この瞬間だけは5人のS女達に逆レイプされていることを忘れ、ペニスを今まで夢に見た憧れの最高の美人である、明美のおまんこに犯されてるという人生最高の幸せと人生最高の快感で、僕の心、体、頭の全てが埋め尽くされていた。



(次回に続く)


よかったらクリックしてね♪



潮吹き43連発 日本記録樹立!! 紅音ほたる
チンコ抜いた瞬間にどばっっと大量の潮があふれ出る!下着つけたままでも潮吹きし下着びしょぬれに・・・

関連記事
メールアドレス(フリーメールOK!)・ハンドルネームだけの記入で
サンプル動画見放題!
★個人情報記入不要! ★まずはお試し下さい♪
逆レイプ小説の月別アーカイブ
逆レイプ小説の検索フォーム
ブロとも申請フォーム
逆レイプ小説のブログランキング
◆よかったらくりっくしてね!◆
↓↓↓↓↓

FC2Blog Ranking

★安心優良おすすめ動画★
管理人も当ブログ来訪者も愛用者多数で安心です♪

メールアドレス(フリーメールOK!)・ハンドルネームだけの記入でサンプル動画見放題!

無料会員登録は >> こちら <<
女王様 動画
【本日の 女王様 動画】
トイレ 動画
【本日の トイレ 動画】
現役女子高生グラビア
現役女子高生満載!
登録無料の出会いサイト
ライブドア運営の出会いサイト
ライブチャット
今なら無料でお試し体験!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
15027位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
339位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。